最新技術を用いいた東京の納骨堂事情~新しい供養の形~

棺桶

コストか格式か

数珠

気になるのは東京の納骨堂の金額ですよね。このページでは東京都内で墓石を建てた場合と、納骨堂を利用した場合の金額を徹底比較します。
まず墓石の場合ですが、主な費用として墓地の永代使用料、管理費、墓石代、墓石を据え付ける工事費があります。最初に挙げた永代使用料とは、要するに土地代です。立地がいい場所や、格式高い寺院の場合はかなり費用がかかることがあります。目安としては30万~200万円といったところです。更に東京の墓石の平均的な金額は150万円前後なので、どうしても200万円は超えてきそうです。
ちなみにこれは最低限の話であって、寺院に埋葬する場合は入檀料(檀家になる費用)、お布施(法要の都度)、護持会費(寺院を維持するための費用)寄付金が必要な場合があります。料金が高くなれば高くなるほど、荘厳な埋葬が可能でしょう。

対して東京の納骨堂に関しては、設備や埋葬方法によって差は出てきますが、120万円程度の場合が多いです。これとは別に、年間の維持費も少しづつかかります。年間維持費は15000円前後がほとんどです。金額だけで見れば、圧倒的に納骨堂が安いことがわかります。やはり固別の墓石が無い分安く済ませられるというイメージです。
ちなみに東京の納骨堂にはさまざまなタイプが有り、ロッカーのようなスペースに位牌が収められているケースや、仏壇の下に遺骨を納めるもの、共通のお参りスペースに遺骨が運ばれてくるものなどがあります。どの納骨堂も直接参拝はできますのでご安心下さい。
費用や利便性は納骨堂ですが、やはり格式高いのは墓石です。故人の意向に沿ってあげるのが最も良いでしょう。