最新技術を用いいた東京の納骨堂事情~新しい供養の形~

棺桶

いつでもそばに行ける

お寺

東京の納骨堂にはさまざまなメリットがあります。最も大きなメリットは、東京都内のアクセスがいい場所に納骨堂がある点です。故人のことを大切に思うからこそ、参拝は頻繁に行いたいと思う方が多いのですが、実際お墓参りに行くのは非常に手間になります。今から東京でお墓を建ててくても、場所代の関係で難しいことが多く、結局は東京都内から少し離れてしまいます。さらに墓地は石段などが多く、身体の不自由な方には参拝しにくいですよね。
東京都内の納骨堂であれば、アクセスが非常に良いので参拝がし易いです。納骨堂は墓石を建てる事に比べると省スペースなので、アクセスがいい場所でも安価で利用できます。もちろんバリアフリーもバッチリなので、年配の方でも気軽にお参りが可能です。格式高い立派なお墓も良いですが、お参りに行けなければ意味がありません。故人も寂しくなってしまうでしょう。東京の納骨堂なら頻繁に会いに行けるので、寂しがりな故人の弔いには最適ですね。

墓石のお墓には手入れが大変だというデメリットもあります。頻繁に通って清掃しなければ苔むしてしまう可能性もあります。さらに風雨に晒され続けるので、場合によっては墓石が破損し、修復が必要な場合もあります。
その点納骨堂は室内なので、破損や風化の恐れはありません。常に綺麗な状態に保ってもらえます。管理面のメリットも大きいのが納骨堂なのです。
そして忘れてはならないのが東日本大震災です。東日本大震災の際に、津波で流されたお墓が多く存在します。その遺骨や墓石は完全に流され回収不可能でした。そういった災害時にも納骨堂なら安心でしょう。